日本大学工学部 土木工学科 コンクリート工学研究室
2018年8月

    葛尾村にて合宿 村内の橋梁点検・清掃活動を実施

    2018年8月22日(水)〜23日(木)

    福島県葛尾村にてコンクリート工学研究室の合宿を行いました。

    毎年この時期に行われている合宿ですが、今年は葛尾村で行いました。

    葛尾村は2011年3月の東日本大震災時に発生した福島第一原子力発電所事故の影響で全村避難を余儀なくされた村ですが、2016年6月に帰還困難区域を除き避難解除されました。

    しかし、震災前は1500人程度いた住民の方も、現在は150人程度と実際に戻ってきた住民の方は1割程度だそうです。(2018年11月5日発表では261人が村内に暮らす住民の方。この内、78名は避難解除後の移住者の方。)避難解除から2年。所々に放射能汚染土の黒い袋が積み重なり、復興途中の村ですが、村内の商店や飲食店、小中学校や病院の再開など、少しずつ村へ活気が戻ってつつあります。村内にはたくさんの魅力がたくさんあります。葛尾村を研究のフィールドとする上で、活動だけでなく、魅力も発信できればと思っています。

     

    さて、葛尾村合宿1日目。

    村内には34橋梁がありますが、その内帰宅困難区域や舗装されていない道などを除いた安全が確保できる橋梁18橋を対象として、コンクリ研学生による橋梁点検、清掃活動を実施しました。

    今年の研究室の学生数はなんと24名。筆者が学生だった頃は9名だったので、3倍近くの学生数です。4班に分かれ、村内の橋梁を分担して点検と清掃を行いました。

    最初に点検を実施した後、清掃を実施しました。清掃後に点検結果が変更になった箇所を修正、という流れで全18橋の点検と清掃を終えました。

    D6DF38AF-6987-4B25-B495-C2F501E78273

    302D0924-6540-465A-BB84-2F3D45D559D8

    834C0563-D0A4-475C-999A-0646CD56E1F5

    また、点検と清掃の様子を株式会社アルサ さんのご協力でドローンで撮影していただきました。

    0AF0206F-3634-4C1C-8B6D-EAD2DD12DAC6

    ↓クリック↓

    https://www.facebook.com/concrete.eng.lab/videos/912460942297789/

    また、葛尾村役場近くの睦橋で全員で記念撮影を行いました!

    07C27AD0-FD68-4932-88D1-8F757EEC9A35

    ↓クリック↓

    https://www.facebook.com/concrete.eng.lab/videos/566809263735627/

    この点検結果は報告書にまとめて、橋マップ・かつらおに反映させました。

    夜は石井食堂さんで役場の方も一緒にご飯を食べながら意見交換等をさせて頂きました。とても和やかな会となりました。石井食堂さん、美味しいご飯をありがとうございました!これから葛尾村で活動させて頂きます。村内の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

    5DCF2F4C-45F1-4173-94E7-BF66BA0C5B29

    2日目。

    合宿恒例のそれぞれの班に分かれてこれまでの研究の発表を行いました。

    それぞれ課題が見つかったと思います。

     

    暑い中の橋梁点検と清掃活動、長袖長ズボンの作業着を着て、よく学生さんも頑張ってくれました!本当にお疲れ様でした。

    93146C65-4737-4862-A741-D15662D960E5

     

    投稿日時 2018.08.23
今日  52
昨日  53
総訪問者数  16665
橋梁点検チェックシート 各種パンフ 橋メンテネットマップ 橋マップのつくり方