日本大学工学部 土木工学科 コンクリート工学研究室

↓地域での取り組みはこちら↓

道づくり

メリット①

この道づくりは村民・役場・大学・建設業の4者が協働で砂利道をコンクリート舗装に変え、それぞれにメリットが得られることを目指した取組みです。

project4

project5

project6

project7

メリット②

一般的な公共事業では自治体から建設業者に発注して施工しますが、自治体から直接住民に資材を提供し施工することでなんと、費用は1/3~1/5に抑えることができるのです。

project2

project3

道づくり事例紹介

福島県平田村では2012年6月から住民と学生との協働による道づくりを実行してきました。平田村にある砂利道の生活道路を住民が通行し易いように、コンクリートで舗装しました。時にはお母さん方の手料理が振舞われることも。
地域交流の場になっています。

michi_photo1

michi_photo2

橋の名付け親プロジェクト

若い世代にも地域のインフラに興味・関心を持ってもらうため、2013年1月、平田村で小学生を対象に橋の名づけ親プロジェクトが始動。番号で呼ばれていた橋に名前をつけ、橋の名付け親になることで橋に愛着が湧きます。さらにその愛着を橋守につなげようと考案しました。
平田村の村内2校ある小学校が、それぞれ「きずな橋」、「あゆみ橋」と名づけてくれました。

project16

project17

project18

橋守

橋の名付け親プロジェクトで名付け親になってもらった一方の小学校の前に架かる「逆水橋」で橋守研修を行いまし
た。住民が橋守の担い手となり、それを技術者が支援するという形で高欄の塗装や排水桝の清掃といった橋の簡易な維持管理橋の歯みがきを行いました。
※写真は「NHKくらし☆開設」HPより。

hadhimori_photo1

hadhimori_photo2

簡易橋梁点検

地方の市町村では橋梁点検の一端を地域住民が担うことで、日常の橋梁の状態を把握することが可能であると考えました。これは、定期点検要領通りに技術者が5年に1回の定期点検を行っただけでは収集しきれない日常の橋梁の状態を把握し、定期点検の間に起こった緊急性の高い損傷の確認ができるのではないかと考えたからです。
また、その橋の変化に気づくことが出来るのも日頃からその橋を使用している住民ではないでしょうか。住民でも橋梁の状態を簡単に点検できるチェックシートを考案しました。
※画像クリックでPDFをダウンロードできます。

checksheet

catalog

今日  6
昨日  21
総訪問者数  7924