日本大学工学部 土木工学科 コンクリート工学研究室

↓プロジェクト概要↓

活動の流れ

2012年6月~ 住民と学生との協働による道づくり

project1

平田村にある砂利道の生活道路をコンクリート舗装して、住民の皆さんが通行しやすく、大雨が降っても砂利が流されて通行できないようなことがないように舗装しました。この道づくりは村民・役場・大学・建設業の4者が協働で道づくりをし、それぞれ4者にもメリットがある、という画期的な取組みです。

どうして、住民の手で道をつくるの?

一般的な公共事業では自治体から建設業者に発注して施工します。でも自治体から直接住民に依頼して資材を提供し施工すれば費用は1/3~1/5に抑えることができます。

project2
project3
project4
project5
project6
project7

4者が協働で行うことでwin-win-win-winの関係が生まれます。今後も、平田村でこの道づくりが行われます。道づくりで皆さんにお会いできることを楽しみにしています

project8
project9
project10
project11

詳しくはこちらをクリック

2013年1月~ 橋の名付け親プロジェクト

道づくりでは地域のおじいちゃん、おばあちゃんに参加して頂きましたが、若い人にも参加してほしいという思いから、小学生を対象に橋の名づけ親プロジェクトを実行しました。今までは「33号橋」のように番号で呼ばれていましたが、番号橋に名前をつけてもらうことで橋に愛着が湧くはずです。

子供の気持ち小さい子供がぬいぐるみに名前をつけて可愛がるのと同様です。自分たちで名前を付ける事で、橋への愛着にもつながります。
親の気持ち子供たちが名前を付けた橋は地域で大事にしようという気持ちに繋がり、「地域で守る」という意識が生まれるはずです。
project13

蓬田小学校には「33号橋」の名付け親に、小平小学校には「72号橋」の名付け親になっていただき、それぞれ「きずな橋」、「あゆみ橋」という素敵な名前を付けていただきました。

project16
project17
project18

詳しくはこちらをクリック

どうして「橋」なの?

それは、「橋の少子高齢化」の時代を迎えるから。あまり知られていませんが、日本よりインフラの整備が早かったアメリカでは既に死亡事故に結びつく老朽化による橋の崩落事故が起きています。

2007年米国ミネアポリス高速道路橋梁崩壊事故ミネソタ州首都のセントポールとミネアポリスを結び、ミシシッピ川に架かるトラス橋。1967年に建設。死者9名、行方不明者4名。60台以上の車が巻き込まれ、100人以上が負傷する大事異なった。
出典:2007年8月1日、AP/アフロ
project12

橋の維持管理にかける費用もばかにならず、将来、平田村のような地方の市町村では自治体だけでの橋の維持管理は難しくなることが予想されます。自分達で使う橋は、できる範囲で自分達で守っていく体制作りが重要になってきます。少しずつ、近所にある橋に少しでも興味・関心を持つきっかけになって欲しいと思い、橋の名付け親を実行しました。

日本の橋梁数と架設年日本全国にある橋梁は、高度経済成長期に一気に建てられたことが分かります。あれから約50年。橋の高齢化社会が近づいてきています。
project14
※出典: 国土交通省国土技術政策総合研究所資料 第693号,2012 平成23年度道路構造物に関する基本データ集
平田村が管理する橋梁の数と(想定)架設年一方平田村は全国よりは少し遅めの建設ラッシュとなり、高度経済成長期後半からバブルにかけて多くの橋が建設されました。
project15

取組の背景

2012年12月2日 笹子トンネル崩落事故

山梨県大月市笹子町の中央自動車笹子トンネルで天井板が落下する事故が発生しました。死者9人、負傷者2人という日本の高速道路上の事故では死者数史上最多の結果となってしまいました。原因は「老朽化」とNEXCO中日本は発表。確かに、「老朽化」は事実ですが、それだけが原因とは言えません。複合的な原因の結果だと最終報告書にまとめられました。
project19※出典:大月市消防本部

笹子トンネル崩落事故後の動き

国土交通省は2013年を「メンテナンス元年」とし、社会インフラの老朽化対策に力を注ぎ始めました。当事の国土交通大臣の太田昭宏氏は自身のブログで「笹子トンネル事故を教訓として、『命を守る公共事業』としてインフラの老朽化対策を進めていきます。」と綴りました。
年月 内容
2012.12 笹子トンネル崩壊事故
2013.2 道路に関する総点検実施
2013.11 インフラ長寿命化計画の策定
2014.6 道路橋定期点検要領

国土交通省が発表した道路橋定期点検要領概要

・5年に1回の頻度で近接目視点検を義務化。
・橋梁に関する知識及び技能を有する者が行う。
・点検や補修内容等を記録し、使用期間中は保存する。
・災害等、必要に応じて点検する。
・定期点検に加え、日常的な施設の状態の把握をする。
project20※毎日新聞平成26年4月15日

しかし…

近接目視により、詳しく手厚い点検が行われるため、きめ細やかな維持管理ができるようになります。一方で5年に1回の近接目視という初の試みにも不安を抱え、試行錯誤しながら手探りで定期点検に対応している状況です。国土交通省道路局の調査では2013年10月時点で橋梁点検要領を作成済みの173市町村のうち8割が遠望目視点検を採用しているのが現状であることを考えると、急に近接目視点検に変更することに抵抗を示す自治体があって当然です。

project21
project22

project23

5年に1度の定期点検でさえ自治体は不安を抱えているのに、定期点検に加えての日常的に橋の状態まで把握するのは難しい。本当に5年に1回の点検だけで十分なの?
project24

お散歩や通勤通学で使う橋は自分たちで維持管理できないのか!橋の歯みがきや日常的な点検は可能な限り住民でやってみよう!

2015年7月~ 平田村タイアッププロジェクト発足

道づくり、名付け親、橋守りを経て、今年度から本格的に平田村を舞台に大学と地域住民とでタイアップし、研究に取り組むプロジェクトです。「インフラ長寿命化」、「インフラ整備」にスポットを当て、地域に根ざした活動を行っていきます。

住民による橋梁清掃・点検

住民の皆さんで橋の清掃・点検をしようという取組みです。高齢化している橋の管理は自治体ですが、使うのは私たち住民です。普段使っている橋を簡単に清掃したり点検したりして、自分達で橋を守っていきませんか。橋を守ることは自分たちの命を守ることにもつながります。

以下にこれまでのチェックシートができるまでの経緯を示します。

既存のチェックシート
右のチェックシートは実際に平田村の橋梁点検で使われているチェックシートです。「高欄」、「地覆」、「遊離石灰」等分からない言葉が多く、判断も難しいです。これをベースに第一弾チェックシートを作成しました。
project25※画像クリックで詳細確認
第1弾チェックシート
写真を使ったり難しい言葉をなくしました。安全評価を1~5段階評価にすることで分かりやすくしましたが、何を持って安全といえるのかの評価が難しいとの指摘を頂きました。また、区分線を入れたほうが良いとの指摘も頂きました。
project26※画像クリックで詳細確認
2015年8月
第1弾
平田村建設業協力会によるチェックシートを用いた簡易点検
道路環境保全の草刈と同時に真ん中のチェックシートを用いた点検に協力していただきました。建設業協力会の皆様、ありがとうございました。
2015年8月
Facebook
「平田村タイアッププロジェクト」開設
プロジェクトの活動内容やお知らせ、コラムを掲載し平田村内外に発信していきます!橋の清掃・点検だけでなく、観光情報等も発信していきます。

「平田村タイアッププロジェクト」

第2弾チェックシート
指摘を元に右のチェックシートを作成しました。「ひび割れ→ある・なし」等、簡易化してあり、後ろに点検項目のイラストがあるので住民の皆さんにも分かりやすくなっています。
project27※画像クリックで詳細確認
2015年11月
第2弾
住民によるチェックシートを用いた簡易点検
道づくりと同時に住民の方を交えて橋梁点検を行いました。
住民の方から様々な意見を頂き、中でも住民が点検しやすいようにと背景に設けた部材の絵があると点検項目の字が見にくいという意見を多くいただきました。
第3弾チェックシート
第2弾チェックシートを使用して頂いた方からの意見や分析をもとに、改めてチェックシートを作り直しました。現在はこのチェックシートを使用して各地で簡易点検が行われています。
bridge_ check_sheet※画像クリックで詳細確認
今日  28
昨日  22
総訪問者数  14259
橋梁点検チェックシート 各種パンフ