日本大学工学部 土木工学科 コンクリート工学研究室
2020年7月

    産官学協働での現場勉強会を経て黒川高校が橋梁点検と清掃活動を再開しました

    新型コロナウイルスの影響で宮城県立学校の臨時休業が取られていましたが、6月1日から学校が再開しました。宮城県黒川高校でも授業が再開し、3年生の課題研究の授業も新しいメンバーを迎えて再開致しました。
    今年度地域貢献班のメンバーとなった生徒は過去最多の9名です。多くの生徒が地域貢献班を選択してくれてとても嬉しく頼もしく感じています。
    6月中はリモートでの授業を行いました。黒川高校としても初めての試みでしたが、画面越しで多くのことを学び取ってくれたことと思います。リモート授業の感想には学んだことやこれからの意気込みを書いてくれました。

    今年度は引き続き、宮城県黒川郡大郷町が管理する橋梁を対象に橋梁点検と清掃活動を行います。本格的な活動に先立って、7月6日(月)は「産学官協働での現場勉強会」を行い、産の立場からは陸奥テックコンサルタント株式会社、株式会社アイ・エス・エス、学の立場からは黒川高校、日本大学工学部、官の立場からは大郷町役場地域整備課が参加し、1年間橋梁点検・清掃活動を行っていく上でのポイント等を学びました。

    大郷町役場地域整備課さんから、大郷町の橋梁の維持管理に関する現状をお話し頂いた後、3班に分かれて、①橋梁点検、②清掃活動、③非破壊検査の実習体験を行いました。

    ①橋梁点検では陸奥テックコンサルタントの方から点検の際に見るべきポイントや注意事項、また打音検査とクラックスケールの使い方も教えて頂きました。

    ②清掃活動では、私からこれまでの清掃活動の経験から、どのように清掃活動を進めていくのかを指導いたしました。

    ③非破壊検査の実習体験では、シュミットハンマ、鉄筋レーダー、赤外線カメラの3つの点検方法を指導頂きました。

    途中雨もぱらつく時間帯もありましたが、無事最後まで勉強会を開催することができました。生徒たちも早速、次週から勉強会で学んだことを活かして、点検・清掃活動を行っています。

    安全に注意して声を掛け合って点検・清掃活動を行ってもらいたいと思います。例年より遅いスタートとなりましたが、今年もチームワーク良く、活動を頑張っていきましょう!

    投稿日時 2020.07.30
今日  34
昨日  45
総訪問者数  43576
橋梁点検チェックシート 各種パンフ 橋メンテネットマップ 橋マップのつくり方